研究紹介

循環薬理研究

糖尿病改善薬・SGLT2阻害薬の循環器疾患改善効果

ナトリウム・グルコース共役輸送体2SGLT2)阻害薬

インスリン抵抗性を有する症例では、虚血性心疾患や心不全、心房細動などの不整脈の発症頻度が高いことが知られています。特に、心筋梗塞に合併した心不全は予後不良であり、新たな治療手段が望まれます。最近の大規模臨床試験において、SGLT2阻害薬により、糖尿病患者における心血管死の有意な減少が報告されました。

研究グループでは、

その機序は未だ不明であるため、本研究ではインスリン抵抗性モデル動物を作成し、SGLT2阻害薬や他の候補薬による心機能保護・改善作用について、臓器連関を含めた詳細な作用機序解明を目的としています。