研究紹介

循環薬理研究

心房細動、最も一般的な不整脈

Atrial fibrillation, AF

AFは最も一般的なヒトの不整脈であり、この有病率は人口の高齢化により大幅に増加すると予想されています。

肥満はAFを発症させるリスクです。一方、肥満の治療はAF発症リスクを低下させるため、肥満におけるAF発症のメカニズムが注目されています。AFは、心筋細胞の進行性の電気的、構造的、および収縮性のリモデリングを特徴とする持続性疾患です。

その結果、ほとんどの患者は最終的に持続性の持続性AFを発症し、これにより心疾患の罹患率と死亡率が大幅に増加し、生涯にわたる抗凝固薬が必要になります。

AFの治療における課題

しかし、AFの心臓リモデリングの分子基質の熱心な研究にもかかわらず、これまで有効な治療薬は特定されていません。